面談に臨むに際して


無料相談のアポイントが確保出来たのであれば、当日までに必ず準備していただきたい事として、まずは借金問題に関する書類を揃える作業がかかせません。金融機関からの借入総額や遅延損害金の現状、その他借金に該当する金額の総額を正確に伝えられなかった場合、的確な解決策を模索する事が出来ません。朧気な記憶の中の概算だけで借金問題の相談を弁護士に持ち掛けはなりません。

また自身の収入面など、現在から今後に関しても、嘘や自身に都合の良い嘘に走らず、全て正直に伝えてください。この場に及んでまだ見栄や虚栄心から嘘を伝えてしまうと、ベストな借金問題解決策の選択を誤ってしまい、結果自らを更なる窮地に誘い兼ねません。

弁護士との無料相談はその時点に於ける「自身が置かれた状況」の確認作業であり、時に耳にしたくない指摘やアドバイスが届けられる展開もみられますが、現実から目を逸らしてはなりません。いざ弁護士の口から「選択肢としての自己破産」などの文言が告げられれば、誰もが絶望感を抱いて当然ですが、あくまで質疑応答の中の発言として、まずはキチンと受け止める度量が求められます。豊富な経験と実績を有する弁護士が、必ずベストマッチな解決法を導き出してくれますので、借金問題を必ず解決するとの強い意志を持っての対峙してください。